おとうふの旨だし豆乳スープ

先日お昼に、コンビニで買ってお昼に食べました。

お湯を入れて、30秒でできるので、待たなくていいですね。

豆乳のスープだから、やっぱりクリーミーな味わいですが、柚子がめっちゃ効いています。
一口食べた時に、柚子の香りがめっちゃ広がりますね。

見た目はこんな感じです。

成分表は、こんな感じです。78kcalは高いのか低いのか?

アレルギー物質は、ちょっと多めですかね。エビなんか入ってたかなぁ?

また見つけたら、食べてみようと思います。

贅沢飲むソフトクリーム

普段は、コーヒー以外の甘い飲み物は、あまり飲まないけど、なんとなくコンビニで売っていたので、買ってみました。

まぁ普通に美味しいですが、普通のソフトクリームが食べたくなりましたw
溶けたバニラアイスみたいな味です。

成分表は、こんな感じ。
乳成分のアレルギーがある人は、ちょっと注意ですね。

「大人気の飲むソフトクリームが、リッチな味わいになって登場!」と書いてあるので、前からある商品をバージョンアップした商品の様ですね。

横浜家系らーめん たけ家(takeya)に 行ってみました

久しぶりに、家系ラーメン食べたいと思い、行ってみました。荒木町の入り口みたいな箇所にある、カウンター数席の小さいお店です。

「takeya」が正しいのかな?それとも「たけ家」が正しいのかな?googleで調べると、どっちも店名として出てきます。(2021年3月時点)
行った日は、看板が外されていました。最初は潰れちゃったのかと思いましたが、普通にやってました。

頂いたのは、ベーシックな醤油豚骨ラーメン。具材は、海苔とチャーシューとほうれん草の、家系ラーメン定番の具材でした。
アジア系の外国の方(多分中国?)が、少し片言でコミュニケーションを取りながら、作ってくれます。

豚骨スープのまろやかさを推すというよりは、醤油味がしっかりして、ご飯によくあうスープでした。(ライスは無料)

他のメニューはこんな感じ。キャベツのトッピングは、初めて見たかも?

今度機会があったらキャベツトッピング試してみよう。気休め程度に、体に良さそうだし。

映画「望み」見ました(ネタバレ含む)

先日、日本アカデミー賞をテレビで見ていて、以前からなんとなく気になっていた「望み」から、岡田健史さんが新人俳優賞に選ばれていて、よし見てみようと思い、アマプラで見ました。
どうしてもネタバレしないと感想が書けないので、気になる方は気をつけてください。

物語のあらすじは、他のネタバレサイトを参考していただくとして、感想のみ。

まず、テンポがよく見やすいなぁと感じたのが第一印象。
変に間延びしたり、早すぎたりせず、とても入り込みやすい展開だった。
まったく予習していなかったのですが、なんと堤幸彦監督の作品なのですねw
最後のエンドロールで知りましたw
ベテランの監督さんの作品なので、やはりとても見やすいですね。

物語の大きなテーマに、
「息子の無実」を祈る父と、「息子の無事を」祈る母の対比があると思います。
父役の堤真一さんと母役の石田ゆりこさんの演技は素晴らしいと思います。

が、

お二人の演技は見ていて、その鎮痛さが伝わってくるのですが、印象に残ったのは、妹役の清原伽耶さんでした。

清原伽耶さん演ずる雅が、堤真一さん演ずる石川一登の運転する車の後部座席に座って、話すシーンがあるのですが、そのときの雅の「お兄ちゃんは加害者だと困る」というセリフが妙に印象に残りました。なんて人間臭いセリフ!
その、罪悪感とか自己防衛とか、色々な感情が入り混じっていたであろう雅の表情が、なんとも言えずリアルでした。しかも、お母さんには言えず、お父さんと二人だけだったから言えたセリフというのもグッときます。
清原伽耶さんは、とてもお若いのに凄い演技派なのでは?と感じます。
さらに、お葬式のシーンでは、やはり兄の死を悼んで涙ぐむという演出が、なんというか、人間の矛盾をものすごく感じて、そこがものすごくリアルだなぁと感じました。

一方、「ん?」と思った点もあります。
物語の重要なポイントとして、少年犯罪があります。
岡田健史さん演ずる規士の悪い先輩に、長髪の、いかにも「不良です」といった感じの人物が登場します。
正直、「そんな人今時いる?」というのが感想でした。

さらに、一登が規士を探しに街を車で走るとき、「いかにも不良です」的な人たちが、街にいっぱいいるのですが、「ん?いつの話?IWGP引きずってる?」と思ってしまいました。

その辺がまったくリアルに感じなかったです。

実際、ちょっと調べて見ましたが、少年犯罪の数自体は、年々減っている様です。

http://hakusyo1.moj.go.jp/jp/64/nfm/n64_2_3_1_1_2.html

だからこそ、メディアでもあまり取り上げられず、あんまり「不良っぽい不良」にリアリティを感じなかったのかなと思います。

今の若い子は、あんまりストレスとかが無く、誰かにぶつける様な不満もないのかなぁと思いました。なんだか、何かに対して熱い思いが無いのかなぁ。そんな事を感じつつ、この記事を終わらそうとしたのですが、ふと気になって若年層の自殺者の推移を調べて見ました。

https://www.mhlw.go.jp/content/r1h-2-3.pdf

ぱっと見たときは、「なだらかに下がってる」と思いました。

ですが、よく見てみると、全体の数は少ないですが、20才未満のひとの自殺者の数が、10年以上変わっていないです。

子供の数は、年々減っているのに、自殺者の数があまり変わっていないということは、自殺する人の率が高くなっているということです。

どうやら、最近の10代の人たちは、ストレスを外に発散せずに、溜め込む傾向があるのですかね??

少年犯罪の数は減っているけど、自殺率が高くなっている。。
んー、いいのか悪いのか。答えなど見つかりませんが、そんな現実があると知ることができてよかったです。

閑話休題

まずはそんな現実があるんだと、調べる気にさせてくれてた「望み」は、見てよかったと思います。
色々、勉強する機会を与えてくれました。

また、機会があれば見てみようと思います。

Pringles TEXASリブ味

コンビニに売っていた、Pringlesの新しい味。
いつもポテチは、塩味ばっかり買っちゃうけど、せっかくなので食べた事の無い味に挑戦しようと思い買ってみました。
爽やかな印象を受けるパッケージだけど、TEXASリブ味という、ちょっと濃いめな印象を受けるネーミングです。
せっかくなので、ハイボールのおつまみとして頂いてみようと思います。

中身はこんな感じです。
ほのかに、バーベキューソースみたいな香りがします。

気になるお味は。。。

思ったよりも濃くなくて、あっさり目のお味でした。

この、肉肉しい感じの写真からは想像できない位にあっさりです。
なので、お酒のおつまみというよりは、おやつに向いていそうです。

成分は、こんな感じ。
281kcalって、高いのかな?低いのかな?

という訳で、記念すべき最初の投稿は、Pringles TEXASリブ味(テーマが弱いw)でした。